二次会は景品で盛り上げる

 

HOME

 

会社や友人そして親戚などが集まって、いろいろな宴会などを企画することがあります。

一次会では皆ある程度の節度を持って進めてゆきますが、
場が盛り上がってくると希望者だけでも二次会に行こうと言う話になります。※二次会のゲームに使う予算と景品選びのポイント

宴会で集まる

 

あなたが幹事を任されていたら、この二次会まで想定しておくべきでしょう。

お酒を飲む人はこの二次会こそが、出番があり盛り上がれる場所なのです。
有能な幹事は景品(二次会)の手配までしておいて、会費までキチッと決めて
一次会の前に希望者を募りましょう。

盛り上げるにはいろいろな参加型のゲームを企画して、景品なしではつまらないので
必ず景品を用意しておきましょう。※二次会の景品とエステの無料券


この場合も何もなしで手ぶらで帰る人のいないように、全員に行き渡るように
景品を準備しておけるとより良いです。
ゲームを企画するのであれば、上位は少しコストをかけて高級な景品を
用意しておき、外れた人には参加賞として気持ちで渡せる物があると
残念なだけでは終わらずに済むのでその分喜んでもらえるでしょう。


企業の宴会などの場合は協力業者に協賛を貰ったりして、個人の場合は
会費より捻出できるようにして景品(coloradowirelesscommunities.com
だけは準備しましょう。

景品の準備


参加者に喜んでもらえるような二次会を企画する事も、幹事の大切な仕事では
ないでしょうか。


負担になりすぎることのないよう、幹事としても楽しんで準備を進めていくことで
きっとその気持ちは参加者にも伝わることでしょう。

 

結婚式の二次会費用の適切な会費の設定金額

  • 参加するメンバーの年齢層や参加者人数や理想や目的や予算にぴったり合った会場選びをする.
  • 新郎新婦によってリストアップされたゲストに対し招待状を作成して送る.
  • それぞれの役割分担を決めて入念な打ち合わせを重ねる、
  • ゲストの出欠確認をしつつ当日の参加者人数を把握する、
  • 宴会の流れや挨拶の文言や余興などについて考える、
  • 会場のスタッフと話し合ってマイクやスピーカーや小道具やステージやプロジェクターなどの発注をする、

お金の管理や支払いなど結婚式の二次会の幹事の仕事は多岐にわたります。

決めなければならないことはたくさんありますが、会費の金額もその一つです。
いくらに設定すべきか悩んだ経験があるという方も多いのではないでしょうか。

地域や会場の規模などによっても異なりますが、相場だと平均で3000~5000円程度です。
金額を決める際にチェックすべきポイントとしては、トータルでどのくらいのお金がかかるのかをきちんと把握しておく、ドタキャンや予期せぬ出費にも対応することが出来るように少し余裕を持たせる、幹事の役割分担をするときに会計担当の責任者を1人決めておくなどがあります。

会場費や飲食代や備品費や設備費や景品代やギフト代や招待状の作成費など具体的な経費を把握し、キャンセルがあった場合は追加があった場合に備えるための費用も考慮しつつ金額を設定しましょう。
会計担当者が何人もいると煩雑になりがちですし、トラブルの原因にもなりますので、責任者を決めておくことも大事です。

 

 

  忘年会   ランキング   ラーメン   グルメ   ボリューム   希望にぴったり